リバウンドしない痩せ方をダイエット方法と食事で実践!

リバウンドしない痩せ方をダイエット方法と食事で実践!

ribaunndo

 

ダイエットにおいてリバウンドは大敵です。
たとえ少しの期間であってもダイエットしてみると食事制限から解放された反動からリバウンドをしてしまう人は少なからずいます。
そのほかにもダイエットを途中で止めてしまっていたり、ダイエットい中のご褒美だからと、気を抜いて食事や甘いものを食べ過ぎてしまう事も少なからずあります。
そういったなかでリバウンドをしないで痩せるというのは大きな課題の一つとなっています。
リバウンドは食事制限からくるのか?あるいは、ストレスからくるのか?
人それぞれにリバウンドの原因は違いますが、リバウンドについて共通する課題をクリアしてダイエットの成功となる様にこのサイトでは説明していきます。

 

リバウンドしない痩せ方をダイエット方法と食事で実践!

 

リバウンドをしない痩せるにはどんなダイエット方法をしていけばよいのか?
という課題はキリがなく出てきますね。
このサイトではリバウンドをせずに痩せる方法について説明していきます。

 

まず、リバウンドはなぜ起こるのか?という事から説明していきます。
リバウンドとは、単純に痩せたのに元にもどった、あるいは、前以上に太ってしまったとう現象を言います。
これは、運動などで消費されていくエネルギーよりも食べて吸収したエネルギーの方が大きいので、結果的に余ったエネルギーが死亡としてどんどん増えてしまう事になります。

 

特にダイエットを途中でやめてしまった場合などにリバウンドをしてしまいますが、なぜそのような事になるのか?リバウンドの原理について説明していきます。

 

リバウンドの原理

リバウンドが起こるときに何が起こっているのか?という事ですが、まず精神面でダイエットを始めて順調に体重が減っていたのに、途中で思うように体重が減らなくなってしまっていたり、あるいは、完全に体重が止まってしまったという事から、嫌になってダイエットをやめたところリバウンドをしてしまったという事が多くの場合、あります。
単純に我慢が出来なくなったという場合もありますが、これはリバウンドの理由が一目瞭然ですね。

 

体重が減らなってダイエットをやめたらリバウンドをしたという事には実は理由があります。
簡単に説明をしますと、体の生命維持装置が働いたため体重の減少が止まったという事です。
この作用をホメオスタシスの機能と言います。
この機能は、体に入ってくるエネルギーが減ると省エネモードになってエネルギー源の脂肪をなかなか使わなくなっていくのですが、何故その様になるのか?という疑問がわきますね。
このホメオスタシスの機能ちは、私たちがダイエットを意識せずに生活し、食事をしている量が通常の量として体に記憶されています。
そこからダイエットを始めますと、明らかにいつもの量よりも食事量や栄養の量が少なくなっていきます。
食事量が減った状態になると、当然エネルギーが足りないので、脂肪をエネルギーとして使っていきます。しかし、この食事量が少ない状態が続くと、脂肪はどんどん減ってしまって予備電池がなくなって、やがては生命の危機に陥ってしまいます。
そういった事にならないように、いつもより食事量が減った状態が続くと、約1か月がたつ頃に生命維持装置であるホメオスタシスの機能が働きます。
これは、食事量が減った為に、吸収するエネルギーが少ない為、脂肪から使う消費エネルーを減らして省エネモードにするという機能です。

 

その為、脂肪燃焼がストップしてダイエットをしていても体重が減らないという状態になります。
ここで、焦ってダイエットを止める事で、元の食事量に戻って急激な糖質の吸収で一気に脂肪が戻ってしまう事でリバウンドとなってしまうのです。

 

こういった停滞期を迎えた場合、食事量が減ったために省エネになっているので、焦らずにその食事量を継続していると、やがて減らした食事量を通常の量であると体が認識します。
認識されてから、省エネモードが解除されて再び脂肪が燃焼され始めるので、その停滞期を乗り越えるまでが我慢なのです。
これがリバウンドをしない方法の一つです。

 

レプチンによる満腹感

リバウンドの原因にはもう一つ理由があります。
それは満腹感の感じ方にあります。
私たちが食事をして満腹感を得る際にはレプチンという物質が分泌される事で満腹だと思えるのですが、この満腹感を得られない場合に食べ過ぎて、肥満やリバウンドをおこしてしまいます。

 

ダイエットを始めて、体重が減っていき、停滞期になったときに、この満腹感はダイエット中の食事制限によってなかなか得る事ができません。
そんな中で、ダイエットを中止してしまうとどうでしょう?満腹感が出るまで食べ続けてしまいますね。
更に悪い事に、ダイエットによって以前よりも脂肪が減っている場合、脂肪量に比例してレプチンの量の分泌もされているので、脂肪が減っていればレプチンの量も減り、なかなか満腹感が得られません。
その為、以前よりも食べ過ぎてしまってリバウンドをしてしまうのです。
このコントロールが非常に難しい。
今まで我慢していた食欲が一気に沸いてしまうわけですから、なかなか止まらず、状況によっては、もういいやと好きなものを好きなだけ再現なく口にしてしまいますね。
ここが、満腹感を得られないときに一番怖い状態なのです。
例えば、ダイエットを成功したとしても、この満腹感に負けてしまうとかんたんにリバウンドをしてしまいます。
そのため、ダイエットを中止したり成功したのでやめる場合は、食事量を一気に解放せず、継続しておくようにしましょう。
これができないと結果的に元の楽な体に戻ってしまいます。

 

まとめ

づせしたか?これがリバウンドをしてしまう理由です。
この点を気を付けて食事法やダイエットを実践していけば、間違いなくダイエットは成功する様になっています。
人それぞれの体質などもあるので、痩せるペースは遅いかもしれませんが、最低限リバウンドしないようにする事はできるのです。
こういった予防法を行いながらダイエットの実践をぜひやってみてくださいね。

 

、また、ダイエットのサポートとしてサプリを取り入れる方法もあります。
詳しくはダイエット中の食事や間食は、こうすると確実に痩せる!!を参照してみると良いでしょう。