リバウンドしない方法として減量は有効か?

減量とダイエットの決定的な違いについて、減量と言うのは体重をただ減らせるということではなく、水分まで引いてもある一定の目的の体重まで落とさなければいけない事と言う面があります。これはスポーツなどで行ボクサーや柔道などの階級別に分かれたスポーツ競技による体重のコントロールのお話になります。これをダイエットに当てはめてしまうと、脱水症状を起こしてしまったり、あるいはダイエット置いた際にリバウンドが急激になってしまう可能性があります。

 

そのためダイエットにおいては無理なダイエットとしてボクサーのような減量は必ずしないように気をつけていきましょう。

 

ダイエットはダイエットとして必ず水分は補給をしていく、急激な低血糖に陥ってしまった場合は糖分を少なからずとっていくということが必要になります。ダイエットは長期的にある程度考えながらも、少しずつ手を落としていくと言うことが目的になります。それ以外の方法になってくると健康を損なう恐れがありますので必ず注意を怠らないようにしなければいけません。

 

こうした体作りをしていくことが明日のリバウンドしない痩せ方を手に入れる方法となっていくのです。